Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3395-04b8978a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ドーピング☆ノイズノイズキッス/ミドリ

あたしがいったん決めたらはなしははやいわけ。本当に電光石火とはこのことよ!てな具合にすぱぱと突き進んでいく。管理人室なんておさらばよ、あたしは町にでた。ひとり、ぽつんと音が鳴りそう。実際はそんな音ならない。なるわけがない。それは心境を現した漫画的表現、そんなものが実際に鳴りますかいな。保証する。現実ではそんな音は決して鳴りませんよ、あたしは叫んで回る。最近の若者はそんなことも知らないで、ぽつんを待ったりする。待ってどうなるものでもないけれど、なんとなくなったらこゝろがやすらぐじゃない、なんて言ったりする。考えられない。あたしからしたらそんなのただの病気、その一歩前ぐらいなものよ。あたしは信じない。そんな精神安定剤は捨ててしまえ。捨てるものでもないから、毛布で包んで押し入れにでも入れておけ、と言いたい。また冬になったら取り出せばいいじゃない。防虫剤もふんだんに使っておいて、虫に食われないように気をつけて。

今日の1曲はミドリ、セカンドアルバムから、なんつうかつんつんしている。この時点ですでに行き着くところまで言ってしまっているもんで、運命としてはもう決まってしまっている。がんじがらめになっている。バックサウンドはどこまでも美しいけれど、かき消されるすぐに。すべてを飲み込んでいく、後藤さんのボーカルはまったく暴力的であって、繊細。すぐにおれてしまいそう。それをひた隠してひたすら叫ぶのだ。表裏一体の逃げ場のない音楽。ただし、これが過渡期にあるとしたら、末恐ろしい。確立してしまう前にやめた。投げ出した。つうかまったく無責任さが、その疾走感がもうミドリっぽいじゃない。ミドリっぽいってのも、嫌だったんだろうか。ドーピングはいけません、とか言うけれど、どこまでがオーケーでどこからがいけないのか、曖昧。非常に曖昧だから、いっそのこと、全部認めてもいいじゃない。身体を害しても、一時の栄光を得たいのなら、それもいいかと思う。いや関係なくはない。すべて含まれているんだから。

あたしが町でぽつんとしていると、さっきでていった若い男が、お地蔵さまを連れて帰ってきた。お地蔵さま動いとるで、とは思わなかった。不思議と。だって非現実なんて日常茶飯事。それにいちいちびびってたら夢番地なんていけませんし、烏賊なんてさばけません。ショウガ汁をふりかけて食ってやる。夢番地にそんなおつまみがあるんじゃないかという気がしている。あたしは早足。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3395-04b8978a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。