Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3428-aa8dcde2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

武器商人トルネコ/すぎやまこういち

念仏には種類があると知ったのは去年だ。それまでは念仏なんで言っても同じことを繰り返しているだけだと思っていた。500文字ぐらいのものを言い方を変えて語り継いでいる。それもひとつの伝統技術だろうね、と思っていた。しかし、種類はかなりあるようだ。念仏も、作詞作曲する専属の作家みたいなのがいて、彼や彼女が創り出す。それを和尚が覚えて唱えるという仕組みらしい。和尚は気に入った念仏を買い取るようになっている。だから、念仏によってはいち和尚専用のものがあり、和尚が亡くなると念仏もなくなる。それは残念だから、これをお前にたくすと、同業者や弟子に遺産として与えるのだと言う。寺の世界もなかなか複雑だ。もっとシンプルに生活しているものだとぼくは思っていた。なんとなく残念な気がする。寺ぐらい、毎日食べて念仏を唱えて寝てという生活をしていればいいのに。なかなかそう単純でもないらしい。まあ当然と言えば当然だ。和尚だって小僧を養わないといけないし、生活するには金がいる。金は泉から湧いてくるわけではない。そんな便利なものがあれば世の中成り立たない。和尚であっても金を稼がないといけない。

でも、和尚はどうなって稼いでいるのかな。和尚には上位の和尚がいてそこから金が配られる仕組みになっている。では、上位の和尚はどうやって稼いでいるのだろうか。和尚に聞いたことがないのでここからは想像するしかないんだけど、たぶん、泉があるんだと思う。金が湧いてくる泉が一番上の和尚の寺の庭にあって、毎日、使いきれないほどの金が湧いてくるものだから、それを分け与えているのだ。ほら寺によく泉があるじゃないか。あの泉の底に金が落ちているじゃないか。あれは湧いてきたってわけ。普通は5円や1円なんてけちな金しか湧かないけれど、一番上の和尚の泉はすごいぞ、1万円なんてのも湧いてくるし、20ドル札なんてのも湧いてくる。国際的だ。ただし、泉には水がたっぷりとあるから、札は濡れてしまう。それを丁寧にかわかして配っているわけだ。

今日の1曲はすぎやまこういち、ゲーム、ドラゴンクエストの音響担当した人だ。それだけだが、それで人生を成り立たせた希有な存在だ。みんなすぎやまこういちに憧れている。ゲーム音楽であろうが決してチープにならない音の重なりと、メロディライン、一度聞いただけで物語の、ゲームの世界に入ってしまうだけの個性がある。ぼくも若い頃にドラゴンクエストはプレイしたことがある。たしかに面白かった。一度はじめてしまうとやめられない。止めるタイミングがつかめないので、延々とやり続けることになる。学校など行っている場合ではない。その間にモンスターが襲ってきたら誰が責任を持つというのだ。ぼくの指示通りに動く勇者一行はどこか頼りない。ぼくがいないとまるで動かないから。一度、プレイ中にぼくはトイレに行った。その間、5分ほどだがまるで動いていなかった。生活破綻者なのだろう。指示なしではなにもできない。だからやさしいぼくは放っておけない。結果的にゲームが終了するまでやりつづけることになる。寝る間も惜しんで。きつい。だからやめた。ぼくの中にすぎやまこういちの音楽はしみ込んでいる。じんわりと奥深くまでしみ込んでいる。だから少し聞いただけで思い出すのだ。おどろおどろしいモンスターとの戦い、美しい姫の祝福のキス、仲間との絆。

ふりそそぐ念仏の中、ぼくはみわこちゃんと話している。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3428-aa8dcde2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。