Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3489-1b3f07c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

メロディー/the pillows

便はにゅるりと音を立てた。確実にわたしの下着は便にまみれた。しかしなにもできないわたしの無力さを呪った。まあ、呪ったところでなんにもならない。汚れは取れない。わたしは動けなくなった。まったく動けないので、とりあえず深呼吸をすることにした。深呼吸をすれば落ち着くことができる。非常に容易で確実な方法だ。深呼吸のやり方ぐらい知っている。学校で習った。何度も何度も深呼吸をしましょう、という場面に出くわした。そのたびにわたしは真剣に取り組み、教師を喜ばせた。わたしは真面目がとりえの学生だった。教師はみんなわたしのことを好いていた、西田先生をのぞいて。

西田先生だけがわたしの本性を見抜いていた。本性と言うと大げさだが、本来のわたしを見抜いていた、あの細い目がわたしを突き刺してきた。わたしはぼろぼろになったのだ。あの目の力、負けそうだった。完全に負けてしまえば楽になる。もっと楽になるはずだった。けれどそれほど楽にはならない。それはどういうわけなのだろうか。西田先生はわたしから搾り取った。滴り落ちるものはすべて啜り取った。それが彼のやり方だった。わたしは受動的に成り下がった。ただの搾取される豚だった。西田先生は穏やかに笑った。みんなその笑顔にだまされていた。西田先生がわたしの本性を見抜いているように、わたしも西田先生の本性を見抜いていた。そういうわけだ。

ザ・ピロウズは日本のバンドだ。結成からすでに20年以上が経過している円熟期にさしかかっているバンドだ。その体臭からロックンロールが漂い、パンクがはじけだした。数多くの名曲を世に送りだした。中心人物である山中さわおはすでに40をこえた。しかしなお声の張りは失われずに、若々しいロックンロールを奏でつづけている。この辺でそろそろ次のステージにむかっている。もうすぐサザンオールスターズになれるんじゃないだろうか。このまま頑張ればなれるはずだ。わたしはそう思う。

西田先生の本性、それはそれは恐ろしいものだったのだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3489-1b3f07c0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。