Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3498-5f3a6037

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Start/あらかじめ決められた恋人たちへ

みわこしゃんが消えてしまう。存在意義があいまいになってしまって不安定になっている。これは危険、実体のないものが存在意義を問いはじめたら注意、それは消滅する一歩前の状態。別に消滅してもかまわないのなら、そのままにしておけばいい。けれどみわこしゃんは大切な存在。ぼくにとって大切な存在だけれども、ぼくになにができるだろう。そうだ、みわこしゃんの不安を取り除くために、ぼくはみわこしゃんの好きな歌を口ずさむ。そうすれば勇気がでてくるだろうよ。みわこしゃんも笑ってくれるはず。にこにこりんと笑ってくれるはず。みわこしゃんの笑顔は世界を包んでしまう。ぼくもその一部となる。

みわこしゃんの好きな歌ってなんだっただろうか。みわこしゃんはぼくが創り出した存在だとしても、みわこしゃんのことを知らない。ほとんど知らない。ぼくが組み立てていけばいいのだ。そうだ、ぼくが思うようになるんじゃないか。好きな歌、好きな歌。みわこしゃんのその落ち着いた雰囲気から、あまり若くないように感じるが、意外と23ぐらい年齢だろう。落ち着きは経験から、23ですでにかなりの経験をしている。なんの?それは口にしたらいけない。口に出したとたんに消滅するパターンだろう、とぼくは考えている。まあ、すごい経験をしているんだ。だから落ち着いた雰囲気がでてくる。でも意外と若い、肌に艶があって、はりがあって、嗚呼若いわあ、っていうギャップ?そのギャップをぼくとしては楽しみたい。

あらかじめ決められた恋人たちへ、妙な名前のバンドだこと。歌はないらしい。歌がなくて、テルミンかなんか特殊な楽器もあるけれど、その特殊さは感じさせない、たしかなエモーションを表現している。あれよあれよと思っているうちに、ぞくぞくさせてくれる。ついていけないとすごいスピードで疾走していくからちょっと気をつけて、気を抜いてたらいけませんよ。決して気を抜かず、熱心についていけ。走って、さらに走って。こんな形態が成立するなんて、もう音楽も末期でしょうよ。なんでもあり、の時代。これからは厳しいよ。CDも売れなくなったって言うし、ちょっとでも人々の気を惹くようなことをしないといけない。難しい時代ですよね。もうすべて投げ出したくなるんでしょうね。その可能性を見いだしたってことでしょう。それだけでも価値なんですよね。後に続くもののために、道をつくったわけですから。何年かして、そういうバンドがいたんだよ、って力説するようなノスタルジーには浸りたくない。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3498-5f3a6037

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。