Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3505-c5dc8b71

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

JOY/YUKI

まだ眠っていない。あたしは眠っている、と自覚できていない。だから起きている。覚醒している状態、なのに、身体は動かない。これはきっと妖精が縛っているから。あたしは身動きできない。意識ははっきりしている。まだ30分は眠れそうにない。わかる。わかっている。まだいくつか段階を踏んで眠るのだ。

じっと待っている。妖精が去って行くのを待っている。じっと待っていなければまた最初からやり直しだ。慎重にしないといけない。妖精は用事を終えればすぐに去って行く。ねぐらに帰って行く。どこにねぐらがあるのか知らないけれど、そこに帰って行く。ねぐらは温かくて快適だと話していた。あたしは聞いた、妖精と話した。言葉はわかる。心で感じるのだ。ねぐらでは妖精もリラックスしていて、普段あたしたちが見ないような顔をしている。それが素顔だ。意外に可愛いじゃない。そういう素顔を見せてくれたらもっと好きになるのに、とあたしは思っている。頑固。妖精は頑固だ。頑固だけど、そこも含めて可愛いと思う。

ユキさんは若い。まるで10代といっても言い過ぎではない。もっと老けている10代はたくさんいる。疲れきっているのだ現代ジャパンは。ジャパンのヤングは疲れきっている。もっと輝けばいいのに、とユキさんはふんわりとしたスカートをはいて言う。輝くことなんて簡単、輝こうと思うだけだからね。思えばそれで叶うものよ。ユキさんはバナナの皮をむきながら言う。食べるつもりはないけれど、バナナの皮は剥いている。でてきた中身をふたつに折って握りつぶすのだ。これはジャパンのヤングの象徴。せっかく食べごろになったのに、すぐにつぶされてしまう。誰に?社会によ。だから輝けばいい。そうすればつぶされない。なにかつぶさないでおこうと思う。そう思われたら大丈夫。輝こうと思って、ほんの少しの喜びを経験すること。

妖精があたしの瞳を思い切り引っぱってとじさせる。これが眠りだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3505-c5dc8b71

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。