Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3507-66881378

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

永い夜/曽我部恵一BAND

曽我部恵一バンドの永い夜は、おそらくバンドの代表曲となる。まだアルバム3枚しかだしていないけれど、すでにその風格は漂っている。むちゃくちゃに突き進んで行く疾走感と、4人で奏でる音、リズム、その一体感、曽我部氏による独自の視点から書いた詞と、完成度は高い。完成度というよりも、無駄がない。この歌になんの無駄もない。バンドとしての必要最小限の音の重なりだけだ。なのに、こんなにも胸に響いてくる。どこで鳴っているのだろう。この音はこの世界のどこで鳴っているのだろう、とふらふら外に出てきた青年は、寝間着のままで、音の鳴る方へ歩いて行く。まだ夜だ。先は長い。だんだん音が大きくなる。その音の詳細がしだいにわかってくる。なんの工夫もないシンプルなロックンロールだ。どんなに近づいても実態が明らかにならない。もうすぐそこまできている。大きな音は耳をつんざく。鼓膜が破れてしまいそう。青年は走り出す。なんとなくそんな衝動に駆られた。そういえば最近走っていない。いつからだろう、ぼくが走らなくなったのは。走ることに疲れたからだ。そのときは。今はつかれない。どれだけ走ってもつかれる気がしない。息が苦しい。けれど走れる。もっと速度を上げて、音の鳴る方へ、走って行く。これ以上大きくならない。音は鳴っているが、そこにはなにもない。公園だ。街灯が少なく、薄暗い。青年はその公園にある、滑り台の上に登る。見下ろした砂場に、ぞうさんのスコップが落ちている。あれはぼくのスコップだ。青年は急いで滑り降りる。勢いをつけて滑り降りる。いつまでたっても砂場にたどり着かない。焦りだした青年が思い出す。ぐるぐると生まれてきて今まで、の人生がぐるぐると。頭の中で再生される。これは、走馬灯?つまり、ぼくは死にかけている?そんな馬鹿な。音が唐突に終わる。天を仰ぎ見る。いつくか星が見える。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3507-66881378

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。