Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3523-7e7d1030

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

仏の高級洋菓子店

仏の渾身、洋菓子はすでに完成した。後は並べるだけである。レイアウトの技術が仏にはなかった。だいたい仏は洋菓子を作る、までは完璧にこなせるのに、それを効果的に売ること、例えば綺麗に並べることが苦手だった。いつもは弟子にやらせる。そんなこと俺にさせる気か、と怒鳴れば自然にやってくれる。今回もそのつもりだった。けれども、弟子は彼女とデートに出かけた。スカイツリーに登るそうだ。馬鹿野郎が、と仏は吐き捨てた。そんなやつは破門じゃとも言ってみた。もちろん弟子がでかけたあとに、だ。そんなことで衝突したくない。弟子も貴重な存在なのだ。弟子はいいやつだ。身の回りのことをやってくれる。仏は極度の面倒くさがりやだった。洋菓子を作ること以外はなにもしたくない。修行だってしたくない。怒られても修行なんてかったるいことやってられるか、と思っている。でもまあぶつぶつ文句を並べたところで、洋菓子を並べないことには眠れない。一丁並べるか、と仏はねじり鉢巻をした。ぐるぐるぐると手ぬぐいをねじる、なんだろう今日はいくらでもねじれるじゃないかこれは、俺の力が無限大になってしまったということだろうか、そうか、そうにちがいない。それならこの手ぬぐいをねじれるだけねじってやろう。ねじりねじり。仏の腕に力こぶが盛り上がった時、弟子はスカイツリーに登ろうとして警備員に止められていた。弟子はエレベーターを使わずに自力で登ろうとしたから。そうです、階段は一般に開放されていません。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3523-7e7d1030

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。