Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3547-beba4e3a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Cannonball/The Breeders

キャノンボールを投げると言う、なんともすごい自信だ。キャノンボールなど江夏しか投げることができないと言われていた。何十年ぶりに公式戦で記録されるのだろう。まだ、ただの冗談かもしれない。勝ち気な性格が言わせただけかもしれない。また、本人がそう思っているだけでそれはキャノンボールではないのかもしれない。ただのボールの可能性はある。ただのボールなら誰にでも投げることができる。キャノンボールか否かの判断は誰にもできない。本人がそういえばキャノンボールになる。だからダルビッシュが投げるということで公式の記録としてはキャノンボールが投げられることになる。けれど往年のプロ野球ファンから見れば、それはただのボールだよ、と言いたい。キャノンボールが再び投げられるなんて信じられないし、信じたくもない。キャノンボールに対する幻想を、持ちつづけたまま墓場に入りたいのだ。俺が見たキャノンボールは輝いていた。なにしろきらきらと輝いて、バッターの手前で消えた。すん、と音を立てて消えてしまったのだ。一瞬後、ボールが出現するのはキャッチャーのミットの中。打てるわけがない。キャノンボールを攻略することができたのは、王だけだった。投げるのは江夏、打つのは王。それは決まりきった事実。そこに新風を吹き込むわけにはいかなかった。ダルビッシュが投げ、大リーガーが打つ。なんて記録を作りたくなかった。だから球場に爆弾を仕掛けた。俺はその爆弾をキャノンボールと名付けた。脅すつもりはない。ダルビッシュが投げた瞬間に爆発させる。予告などせずにと吹き飛ばす。つまり記録には残らない。誰だってそんな記録残ってほしくない。無事解決だ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3547-beba4e3a

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。