Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3551-d1b47ed5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

雨が降るたびに思い出すことがある

雨を顔面に受けている男がいる。彼は天を睨んでいる。背筋を伸ばし、背中は地面と水平になっている。今にも倒れそうであるが、身体バランスの優れた男らしく、微動だにしない。その様にまわりのものは感心している。あと30秒続けたら拍手が巻き起こりそうだ。雨はさらに強くなる。男は目を開けることができない。男の顔面にあたり潰れた雨粒は男の足元に落ち、水たまりを創り出す。水たまりに映っている空は不思議と青く、澄んでいる。水たまりの空を横切る渡り鳥の群れ、その一羽一羽に紐をくくり付けて男は飛び立つ。行き先は鳥に聞いてくれ。雨は相変わらず強く降っているが、水たまりの空に虹がかかる。間もなく止むのだろう。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3551-d1b47ed5

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。