Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3558-fc9c771c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

朝、新聞紙に乗って

新聞紙は乗り物だ。あのほのかに温かく、まだ定着していないインクの匂い。雨が降っていれば少々湿っているその機械によって折り込まれた新聞紙は乗るべき要素にあふれている。まず、長時間の移動が苦にならない。なぜなら移動中に新聞を読み、情報を取得することができる。新聞は毎朝毎朝膨大な量の情報が載っている。ほとんどの人はそれを少し読むだけで細部についてはあまり知らない。興味を示さない。だからその細部についてじっくりと読み込むことでより底の深い知識人になれるのだ。インクが身体についてしまうかもしれない。なにせ数時間前に印刷されたばかりだ。汚れてしまうのは仕方ない。むしろ積極的に汚れにいくべきではないだろうか。情報を身体になすり付ける感覚で、どんどん汚れてしまえばいいじゃないか。これはアートだ。身体にインクをつけ、その情報を読んでいる。もちろん私は全裸でいるから、文字だけが浮かび上がってくるようだ。私の身体に政治の記事が刻み込まれる。すると私はその瞬間から政治そのものになってしまう。政治になった私は咳払いをひとつ、おもむろに語り出すのだ。この国の未来について、社会の諸問題について、私は新聞で得た知識を吐き出す。すると聴衆は、時に歓声を、時に野次を、時に罵声と暴力を浴びせかけてくる。ひるまずに私は政治として胸を張って、反論するだろう。あなたの考えは間違っている、いいですか、りんごに最も適しているのはパイなんだ、それは推測でも希望でもなく事実だ。わかったらさっさと食べなさい。さっさと食べてお風呂、入っちゃいなさい。ご飯を用意しとくから、そのあとは、あ、た、し。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3558-fc9c771c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。