Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3566-87c906e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ハイテンションが高じて

やけにテンションの高い男がにやけている。人目をはばからずににやけている男は白のソックス以外のものを着ていない。つまり実質全裸である。男は公道に立ってにやけている。大人は男を遠目で見ながら、子どもはあからさまに見て両親に報告し、あんなもの見てはいけない、と怒られる。それでも男のにやにやはおさまらない。ついに男のにやにやがゆれはじめた。ゆーらゆーらと揺れて男からはみ出てくる。男はなおも全裸である。全裸からにやにやが揺れて分離する。にやにやと分離した男は既にただの全裸に成り下がる。にやにやは空へ、さらに寄宿主を探して彷徨う。全裸はへたへたと座り込み、生気を帯びていない。にやにやに全てを吸い取られてしまったのだ。にやにやは弾むように陽気に彷徨う。私は全裸には興味がないのでにやにやを追う。やがてにやにやは太陽にぶつかる。太陽は偉大であり、大きすぎる存在である。少々のにやにやぐらいではびくともしない、はずだ。けれど、太陽の口元が歪んでくる。必死に耐えているようである、あのにやにやは太陽をも、凌駕し、その口角を上げてしまいそう。もう限界だ。太陽もあきらめかけている。太陽がにやにやするのは時間の問題であろう。太陽の意志が最後に見たのは地上に横たわるちっぽけな全裸で、太陽の恵みを受け、今まさに開花する直前であり、なにか誇らしげなのだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3566-87c906e0

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。