Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3567-76a7c357

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

硝子を割るのは頭を割るのと同じぐらいわるいこと

子どもが硝子を割る。なにかにつけて硝子を割りがちだ。子ども独特のノリで、いとも簡単に硝子を割っては奇声を上げる。やあやあやあ、というようなものや、きえええきえええ、というようなもの。聞いているこちらが何かイライラしてくるってものだ。子どもは硝子を硝子だと思っていない。あの、硝子だよ、え、硝子を知らないの?知らないなんて考えられないな。ふらふらとしてくるよ、これ地震?地面が揺れているの?気のせいだと言ってほしい。けれど気のせいだとしてもそれはそれで怖くなってくる。だってこんなにも揺れている。髪の毛がゆらゆらと眼の前を揺れて気が散る。私は何をしようと思ってたんだっけ?忘れてしまった。硝子を割られたことで気が動転してしまったってことか。硝子が私にとってすごく大切なものだったってことでしょう?いつだって、大切なものはなくなってからそれが大切だって気付くものでしょう。私はそう教えられてきたし、だからちゃんと大切なものとして扱いなさいと言われた。おばあさまから言われているの。硝子が割られる。さらにさらに硝子は割られていく。呆れ返るわ、薄いのや厚いの、形の綺麗なの、きたないの、みんな同じ硝子だから割られた後は回収させてもらう。それを悪めて固めればまた利用できるでしょう。再利用の勧めよ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3567-76a7c357

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。