Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3622-a519b415

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ピンクのガーター/ベルト

錯乱したのだ。そして部長である自分のどうしようもない心の奥の扉をノックしたのだ。きっかけなど覚えとらん。少し飲み過ぎたことと、網タイツの女の足が太く、網が皮膚に食い見気味だったことぐらいだ。私の中で何かがはじけとんだ。打ち上げ花火のようだ、と私は思ったよ。ひゅーっと小さな火種が上昇する、高いところ、私の中のかなり高いところで火種は炸裂した。光のパレードだ。赤や青や黄色、鮮やかな光が縦横無尽に動き回る。少し遅れて聞こえてくる炸裂音。私は七色に照らされ、鼓膜を破られ、脳幹をやられた。もうとまらない、とめられない。すぐにトイレの個室に駆け込んで、鞄の中からガーターベルトを取り出して、履いたよ。もちろん、ズボンを脱いだ状態で、少しきついぐらい、引っぱられたわけだ。ガーターベルトはね、常時持ち歩いている。いつ何時必要になるかわからないからね。現にこうして持っててよかっただろう?他にもちゃんと一式持ってるよ。ミニ・スカートも、ブラジャーも、ブラウスもね。次々取り出してはそれを身に付けた。夢みたいだったよ。口調もね、私、から、あたし、にかわってしまってね、あたし、きれい?なんて鏡に話しかけてみたりした。ああ、すでに個室はでているよ、私は共有スペースに出ていた。無意識のうちにね。鏡に映った姿は、お世辞にも綺麗とは言えなかったけれど、どこかしら可愛らしさがあった。ちょうどね、身に付けたガーターベルトはピンク色で、それが色白の私によく似あっていたんだ。自宅では何度も身に付けていたし、当然その姿を何度も見ていたわけだけどなにか新鮮でね、私は思わず微笑んでいたんだ。その時トイレに入ってきたのが、部下の野口くんで、私の姿を見て言葉を失っていたが、言い訳などせずにね、さらに微笑んでやった。野口くんも笑ったよ、それですっかり打ち解けてね、でその、野口くんが今の彼です。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3622-a519b415

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。