Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3638-f7c88ee8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

少しだけ、コナキジジイ

コナキジジイがうしろにいる。すぐに背中に覆いかぶさってきて重くなり、すごくつかれることになる。つまり、逃げなければならない。コナキジジイが覆いかぶさらないように逃げなければ、と思うけれども私は動けないでいたのだ。微塵ともできない、これはすでにコナキジジイの術中にはまっているということか。コナキジジイの匂いが漂ってくるのだ。これはきな粉の匂いだ。コナキジジイはきな粉が大好きで、きな粉さえあれば何でもできると思っているから、常に持ち歩いているせいだ。きな粉は甘く、香ばしい匂いを隠そうともせずに、隠そうともせずにコナキジジイの存在感を醸し出している。しかし、まだこない。コナキジジイはまだ背中に覆いかぶさってこない。どうして、そろそろきてもいいじゃない、そろそろこようよ、と思うけれども、こない。コナキジジイはなにをしているのか、なにを遠慮しているのか、まるでコナキジジイらしくない。これじゃスナカケババアみたいだ。コナキジジイが躊躇している理由は、なんだろうか。わからない。検討がつかない。私は逃げていいのだろうか。私が逃げてコナキジジイは困らないだろうか、困ったら嫌だな。とか私に気を遣わせるなんてこのコナキジジイはまだ大人になりきれていないコナキジジイなのか、半人前のコナキジジイか。だったら私の力でも押さえ込めるかもしれない。所詮、子どもは子ども、私は大人である。大人の力を舐めたらこうなるんだ、というところを見せつけてやろうか。見せつけてやろうか、とじりじりうしろに迫ってみたが、コナキジジイに変化は見られない。急に振り返ったらビビるだろうか、ビビるんだろうな。逃げ出すかもしれないな。逃げ出したら滑稽だな。コナキジジイが逃げ出すなんて。振り返ろうか、振り返らずにいようか、迷っている。きな粉の匂いは強くなる。ということは近づいている?もしくは強い風が吹いている?どっちだっていい。コナキジジイに聞いてみようか。聞いてみよう。そうだそれがいい。うん、私、少しだけ、コナキジジイとお話がしたいの。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3638-f7c88ee8

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。