Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3649-953d1a42

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

麻をみたらそのなかに糞をたれろ

動物の本能だ。柔らかいものの中に糞をする、糞は麻にふんわりとコーティングされてその存在感をすこし消す。別の誰かがやってきて糞をするときににゅっと顔を出し、ああここは誰かの糞がすでにたれてあるんだな、と思い直して尻をしまう。すでに麻と一体になってしまった糞はふたたび寝息を立てて眠るのだろう。その後、ふたりがどうなるかって?それは見てのお楽しみというやつだ。

観察していると、糞は徐々に乾いてしまい、カピカピになっていく。麻に変化はない。糞に蝿がたかる。匂いはコーティングできないのだ。蝿は卵を産みつけて、うじ虫が発生する。まだ麻に変化はない。うじ虫が蠢きながら成長する。やがて蝿になる、その時、麻が立ち上がってトランペットを取り出し、高らかに吹き上げる。空にはもうすぐ日が昇る。夜明け前の静かな世界に麻のトランペットは響く。蝿はそのはっきりとしたトランペットソロに合わせるようにふわふわと飛び立つのだ。誰もいなくなった糞はほとんど形をとどめていない。かつてそこに糞があった場所とだけわかる。それでも麻は覚えている。糞のやわらかさ、あたたかさ、匂い、味、食感。どれも特徴的ではなかったが、俺にはちゃんとわかるんだ。トランペットを捨てる。ただ蝿が飛び立つためだけのものだ。もう必要ない。貧しい少年は落ちていたトランペットを拾い上げ、にっこりと笑い、駆け出す。マイルス、後のマイルスデイビスだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3649-953d1a42

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。