Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3723-466a2556

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

私は心の中でバンザーイと叫んだ

楯夫が風邪をひいたのだ。滅多に風邪などひかない楯夫が。というか風邪はおろか、病気ひとつしない、が売りの男子を探していたらきっと楯夫にたどり着くんじゃないかと思う。元気の象徴として私の中では真っ正面に君臨しているのが楯夫だ。風邪をひいたということは、楯夫の元気がなくなるということで、つまりそれはセックスをしなくていいということで、小休止としてちょうどいいと思ったのだ。なにせ楯夫ときたら毎晩毎晩元気で、私を抱くものだから、こっちも最初はいいとしてもだんだん疲れてくるし、出す声や表情にもバリエーションが不足してくる。ということは、つまり、楯夫が物足りなくなってくるからと、様々な方法で抱くようになり、その時だけスチュワーデスから看護婦から掃除婦にホームレスに猫、犬、果てはたんぽぽなどの難易度の高い役を私に割り振ってきたり、刺激の方法を変えてみたり、まあ別に嫌いじゃないけれども、好きでもないし、だからといってそれを楯夫に伝えて制御してもらうこともできずに、だって私は楯夫がいないと生きていけないわけだし、仕方なく合わせて演じていたら、身が持たん。まあ、どんな役であろうと最終的に全部脱ぎ捨ててうしろから犯されるかんじになるだけなんで、ひどく難しくもないんだけどそれでも、飽き飽きしているじゃない。毎晩毎晩なんだから、そらたまにはいいけれども。風邪をひいたんだからこんばんはちょっと休憩してさ、ゆっくり眠りたいじゃない。私はまだ学生だから時間に余裕はあるけれども、それでも、ゆっくりしたい夜もあるじゃない。と思って見たかったDVDを選びながら珈琲を点てていたら、高熱にうなされながら楯夫が寝間着のままで、私の名前を呼んでいるから近寄ると、これが真の意味で看護プレイじゃい、とおっぱいわしづかみ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3723-466a2556

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。