FC2ブログ

Entries

ダッタン海峡を黒い蝶々が飛んでいった

黒い蝶々はどこに向かっていたのか、西田はそれに応えることができないでいる。できないだけでなく、蝶々になりきっている。黒い蝶々を追いかけようとしている、西田は今、蝶々そのものだ。西田、蝶々を追いかけたって無駄だぜ、とぼくは思うが、西田の好奇心は象をも殺す。西田はひらひら、悲しみを垂れ流すように飛んでいく。西田、西田よ、とぼくは声をかけてみる。西田は黒い蝶々を追いかけることに必死で、ぼくの声を聞いてくれない。もしも聞こえているとしても無視するだろう。蝶々に人間の声は理解できないし。ぼくは虫あみを倉庫から取り出す。西田を捕まえてあげなきゃ。捕まえて標本として永遠の命を与えなきゃ。つまりぼくは神である。虫あみはふんわりと折り畳まれてそこにあったので、それをにぎりしめ勢い良く倉庫から飛び出る。西田はもう、空高く、虫あみの先の先。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3724-9bfec150

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR