Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3726-3cdcbfbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

本棚の前の椅子

座っている子をぼくは知っている。あたしも知っている。名前は確か。つる子さん。そう、そのつる子さんがどうして椅子に座っているんだろうか?たしかに、つる子さんは死んだはず。死んだはず。燃えて死んだはず。ガソリンをかぶって燃えたんだっけ?いいや、雷に撃たれたの。とにかく死んだはずのつる子さんがそこに座っているということは、どういうことだろうか。混乱してる?少しだけ。混乱しても仕方ないでしょうね、だって死んでいる人がいきなり目の前に現れたら焦るもの。焦るよね。じゃあこっちはなんなのかって思うしね。死んでるのか生きてるのかその境界線で蠢く何かなのか。境界線であるというのが一番しっくりくるけどね。我思う、故に我あり。例えば死んでいると仮定して、それを反論しようとするととたんに行き詰まる。それは生きていると仮定しても同じ。境界線、と仮定したとたんにすんなりと説明できる。曖昧なものだしね。個の存在なんて曖昧なもの。だとしたらあのつる子さんも境界線にいるってことだろうか。説明としてはそうとしか言えない。声をかけてみようか。やめとこう、それはルール違反だから。そうかな、ルール違反かな。あきらかにルール違反だ、ぼくは違反の数が一定に達すると退場させられるんだ。どこに退場するの?奈落の底さ。それは嫌だね。まったく最低だ。じゃあルール違反はできないってことね。そのとおり。ではどうしましょうか?こんなのはどうだろう、つる子さんのことを観察し、日記として記録する。うん、それしかないね。何しろ時間はたっぷりある。永遠みたいにたっぷりあるもの。1、つる子さんの表情を読み取る。あきらかに苦しんでいる。ほらよく人は死んだ状態のままずっとあるっていうじゃない?初耳ですけど。そう言う節もあるじゃない?そうかもしれない。だから燃えて死んだ状態で苦しいんだ。でも笑っているように見える。口元だけはね、それはつる子さんが燃えて死んだ理由が隠されているんじゃ。つる子さんは自ら燃えたんだった。率先して燃えた、だから苦しいけれども、本望なんだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3726-3cdcbfbd

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。