Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3744-afdb4cc6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

めがねぇ!めがねぇ!めがねぇ!

めがねが印象的、とっても似合っているものだから嬉しくなっちゃう、それだけで価値がある。それだけで飯3杯は軽くいけるぐらいの価値。そのめがねを取ってしまったら、何の価値もなくなる。絶対にとってはいけない。取る時は死ぬ時だと思ってほしい。死んでなお、つばと罵声を浴びせられ、満足に埋葬もしてくれないし、カラスにつつかれ、微生物につつかれ徐々に朽ち果てていくだけになってしまう。めがねを取らなければ大丈夫、極端なはなし、バラ色の未来が待っている。美味しいものを食べさせてくれる。ふわふわの布団で眠れる。めくるめく快楽を教えてくれる。虫が寄り付かないようにスプレーをしてくれる。冷たい水が飲める。それだけで十分じゃない。そのめがねをとおして世界を見るといい。ちょうど曇っているし、世界は曖昧に見えるだろう。判別もできないかもしれない。古い知り合いだと思ったら、全然知らない人でびっくりすることもあるかもしれない。だけど取ってはいけないよ。それはルールだ。世界のルールと同義語だ。めがねは視力を補うものではない。たしかに昔はそうだったのかもしれない。もともとその目的で開発されたものかもしれない。けれど、今は違うんだ。全く違ってきているんだ。それが世の中の流れさ。めがねは顔の一部となった。取り外し可能な顔だ。忘れてはいけない。決して忘れてはいけないよ。めがねを外すとき、死ぬとき、かなしいとき、めがねをはずすとき。叫んでいるよ。スーツの芸人もね。それでも外すのであれば、いいだろう。覚悟を決めてはずすがいい。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3744-afdb4cc6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。