Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3832-faf138d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

かざらない

かざらない女がいた。飾りたい男がいた。ふたりは出会い、恋をした。

女は飾らないばかりか、化粧はおろか衣服さえ嫌った。部屋ではソックスのみつけて過ごした。冷え性だからソックスは欠かせないわ。

男は恋人に飾ってもらいたかった。ソックス姿の恋人はもちろん魅力的ではあるが、毎日見ていると飽きてくる。たとえばブルーの口紅を引き、目の部分はマスクでかくしたうえで、長めのタイツをはいて欲しかった。あるいは、ロボットの部品を体の所々に貼り付けて白のソックスをはいて欲しかった。言えば拒否されることは目に見えていた。

女には嫌な思い出があった。まだ飾ることに尽力していた頃の話だ。精一杯飾って、当時付き合っていた男の部屋にやってきた。ドアを開けるや否や目に飛び込んできたのは恋人と妹のまるで飾らね姿だ。ふたりはドアを開けて事態を把握できず阿呆面をしている女を無視し、野獣のように交わり続けた。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3832-faf138d1

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。