Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3863-5f15d35e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

風呂に浮かべるは家鴨の玩具

鳴くわけがない。だから油断していたのだ。目を閉じて今日を振り返っていた。コーヒーを契約書にこぼしてしまった替芯を買わなくちゃいけない浅井さんはあい変わらずきれいだったなあ昼ご飯のきつねうどんはもう飽きた机の上のほこりが目立つようになった明日は少し早く会社に出てから拭きしよう。ふたたび浅井さんの笑顔を思い浮かべた時だ。家鴨が鳴いたのだ。生きているやつでなく、風呂用の玩具であるはずなのに、家鴨は鳴いた。まさか家鴨が鳴くわけがないと思っていたから、最初はそれが家鴨の鳴き声だと気付かなかった。空耳だと思い込もうとしていたのだ。僕の無意識が、有り得ないことを有り得ないままでいさせるために。けれども一向に止まないから、なにか変だ、異常事態だと脳は認識し、やがて事態を把握する。家鴨が鳴いていた。だから何と言ってしまえばそれまでだけど、玩具なのに鳴いているんだから、これはもう驚愕すべきこと。鳴くタイプも存在する、音がなるように細工された玩具も多い。だから家鴨をつかみ、その裏面を見て、納得しようとしたのだ。思えば触っていないのに鳴き出すことが不思議の始まりなのだから、つかんで裏面を見た所でなにもかわらないのだけれど、その時はのぼせ気味でぼんやりしていたもので。裏面はつるんとしていて綺麗。水が滴り落ちた。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3863-5f15d35e

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。