FC2ブログ

Entries

文学、SF

「空想の源はおしべ」
「やや発想が飛んでいるように感じます」
「おしべが最初にあって空想は産まれたの」
まずおしべの定義をまずたずねようと思う、5時を知らせるチャイムが鳴り終わってから。

「めしべの立場は苦しくなる」
「めしべもいるんですか?」
「なにせおしべが空想を高ぶらせてふるふるしている」
「すごい動くんだ」
「めしべにできることはといえば、黙ってコーヒーをいれるだけ」
「人?」
春子さんはカルピスの瓶を少し持ち上げた、残りを確認しているようだ。

「空想は健全に育つんですか?」
「もちろん、すくすくと」
「言葉は」
「思春期に出会う」
「思春期に」
「少年から大人にかわるとき」
まずおしべの定義についてたずねようと思う、次の曲がフィッシュマンズなら。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3895-88c2f74c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR