Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3898-bbec8b67

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

威・風堂々

「風が吹くだろう」
「今ですか?」
「今ではありません」
「いつですか?」
「じきに」
「じきに」
といってぼくはお茶を入れる。さめた麦茶はのどごしさわやか。

「風が吹けば桶屋が儲かると言いますが」
「落語家」
「あれは実際儲かるんでしょうか?」
「儲かります」
「その理由は?」
「風が吹くと、屋根が壊れるでしょう」
「相当な強風ですね」
「屋根が飛び交う町です」
「町」
「町」という春子さんはカルピスをみつめている。
返事はない、ただのカルピスのようだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3898-bbec8b67

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。