Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3928-991293ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

植物系女子

私の足の裏から根が伸びる。
根は恋人を貫き、マットレスを貫き、床を貫いて地面へ進む。
この段階でまだ恋人はすやすや眠っている。寝息がまだはっきりと聞こえてくる。

根が地について私は身動きができない。
介護の必要を訴えるが、父親は甘やかすなと厳しい。
おそらく内緒でつきあっていた恋人と裸で抱き合った状態だったことが問題なのだろう。
母親は何も言わず口へみそスープを流し込んでくれるけど、正直まずくってたまらない。
恋人は相変わらず寝息を立てているし、この先いったいどうしたらいいでしょうか?
と通りかかったあざらしに訊ねてみた。

根っこがあるってことを忘れているようだねえつこさん、根は栄養分を運んでくれるのだ。
そのまま眠っていればいいってこと。

そう言ってあざらしは自ら土に潜り込んで、肛門から鳩を何匹も突っ込んで息絶えた。
ちょうど春頃には発酵して食べごろになるに違いない。

さて恋人が目覚めたときになんと説明しようか。
当然恋人にも家族がいる。
あまり大きな声では言えないが私たちは不倫関係で、何日も家を空けるとなるとそれは間違いなく怪しまれる。
恋人は夫に、同窓会に行ってくる、と言って私の家にやってきたのだから。
がんばってごまかせても数日だ。
恋人の夫は、それはそれは嫉妬深い人だから、私のことを憎み、包丁で刺してくるかもしれない。
いくら根が養分を運んでくれるとしても、切り刻まれたら死んでしまう。
死ぬ前に叫ぶほど痛い。避けたい。
とりあえず、起こしてみよう、ねえねえ、ともちゃんともちゃん、おきてよ、ねえ。

恋人は寝返りを打つ。
根に貫かれながら寝返りを打てるもんなんだな、と感心する。
つまりそんなに根は広がっていなくって、私だってちょっとがんばれば根を引き抜けるようになってるのかも。
思ったら実行するのみ。
で、えいって足を持ち上げたのね。
なにかすっぽんと抜けたような感覚、足を見ると、根があって、その先にさつま芋がついていた。

あら、天ぷらにしたらオイシそうって母親はもぎ取ってさっそく水洗いして、揚げはじめた。
ほどなく、おひとつどうぞ、
さつま芋の天ぷらを、先ほどのまずいみそスープに浸して差し出してくるので、ひとくち食ってみると、
あらこのこってりした油がスープにしみててちょうどいいじゃん。
母親のしたり顔と言ったら。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3928-991293ed

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。