Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3933-f012ba2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

風船の行方

赤い。
風船は空を行く。
追いかける地上の虎。
あれをつかめば天下が俺のもの、だと思っている。
師匠は教えてくれた、赤いかたまりをつかみ取ればお前の思うがまま、
世界はお前のものとなるじゃろうて。

見失うな、向こうに障害物はない。
こちらは障害物だからけで、もうくじけそうだけど、俺、虎だし。
虎はくじけてはいけないよ、と師匠は教えてくれた。
だからくじけない。
あの赤いかたまりを追う、そのうちに追いつくはず。
持久力には自信がある。
長距離走では地区大会で準優勝の実力を見せつけてやる。

赤い固まりは速度を緩めない。
どころか加速している。
なんという体力の持ち主なんだろうか、虎はくじけそうになる。
もういいかしら、もう追わなくていいかしら、休んでいいかしら。
休んだからまた追いかけるから、いったん休憩が必要だ。
座るけど怒らないでほしい。
怒られたら完全にくじけてしまう。
虎がくじけたら長いよ。

虎が座ると、風船はいったん高く上り、徐々に高度を落とす。
虎を祝福するようにふわふわと降りてくる。
このときの虎の感情をどう説明すればいいのか。
説明の方法を私は知らない。
けれど虎、神を信じようと思ったそうだ。
風船は虎に触れる前に割れたってさ。
限界だったんだろう。
仕方ないさ。

虎の落胆ぶりは面白い。
何も喉を通らない、このまま死んでしまうことにした、とは言い出す。
もぐらは虎を説得した。
虎さん虎さん、あんたが死んだら、こっちは困るのよ。
虎さんがいなとわかったとたんに責めてくる輩がいるのよ。
火炎瓶片手に責めてくるから刺激しない方がいいの。
じゃあ降伏するの?
いいや刺激せずに集合させて、一網打尽にしてやろうか。

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3933-f012ba2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。