Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3951-14cd3be6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

熟慮の悪魔

考えるとわかる、と小人は言った。そういうものか、と僕は思った。小人はもうチキンソテーを食べている。それちょうだい、と僕は言いたいけれど言ってはいけない。だって言ってしまったら、小人と間接キッスしてしまって、そうなると僕が小人になってしまう。そう言われて育った、小人にはなりたくない。小人って不幸?というか、余計な気苦労があるから、そんなことは感じたくないよ。考えたってね、わからないことはたくさんあるんだよ、って思うけど。考えれば考えるほどわからなくなることだってある。

それは悪魔のせいさ、と小人は言った。そういうものか、と僕は思った。小人はチキンソテーのぱりぱりに焼かれた皮を丁寧に切って、口に運ぶ。ゆっくりそしゃくしてその食感を楽しんでいる。それちょうだいと相変わらず言いたいけれど言ってはいけない。小人と間接キッス。僕小人。悪魔がなにかしらの魔法をかけて考えてもわからないようにするんだ。そういうときはね、悪魔の嫌いなゴーヤチャンプルーを食べるといい。すぐに作ってあげるからね。

小人の作ったゴーヤチャンプルーはうまいに違いないけれど、それを食うと、僕小人。小人は必ず味見をしているから、間接キッス。だから食べたくはない。悪魔の魔法をかけられたとしても、だ。悪魔だって話せばわかるはず。悪魔にも感情があるだろうから。ゴーヤチャンプルーは苦手なようだから、焼きチーズなんかどう?ワインに良く合うよ。

いけない悪魔と話すのは非常に危険だ、と小人は言った。うるさいよ、と僕は思った。チキンソテーはもう平らげてしまって横に付いていた人参を嫌そうに食べた。そんなに嫌ならのこしゃいいのに。それは僕もいらないけどね。僕小人。小人と同じ空気を吸っていればそのうち小人になる。悪魔と話せばきっと悪魔のことが好きになるだろう、悪魔はとても話がうまいからね、悪魔の話術は、興が乗ったときの落語家のそれに非常に近い。興が乗ったときの落語家だよ。この場合の悪魔と落語家は同一人物だ。

同一人物なんだ、と小人はもう一度言った。なわけあるかい、と僕は思った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3951-14cd3be6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。