Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3955-ac3369be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

悪魔の手鞠歌

落語家が語りに語って興に乗って、まるでそこに人物がいるかのような錯覚に陥る。

見える!オレには見えたんだ、そこにたけしがいるのが見えた。
たけしは人見知りでおどおどしているけれど、なんか憎めない。
逆に好感度抜群だし、人気者。
それを利用して食っていく。女も男も食っていく。
裏通りで見た。たけしが食ってるのを。
一目もはばからず、たけしは血潮を浴びながら、ある女を食っていた。
女はなんにも言わず、たけしに食われているし、喜んでいるようにも見えた。

そこにやってきた女の連れらしい女が、やいやい言う。
たけしはかまわず食っている。
女はやがて泣き出してたけしは肩を抱いたのだ。
すると女が女になって、もうなんにも言わなくなるし、まかせるわ、って顔をする。
たけしは肩に噛み付いて、骨ごとがりっと食ってしまう。
たけしに食われるのは快楽を伴うのか、歯から麻酔に似た物質が出て麻痺するのか。
女はもうだらんとして完全にたけしに身を委ねている。
最初の女は食いかけで、立ち上がる。
もうあたしを食ってくれないのねとすねているので、たけしは2人を相手する。
あっちを食っては、こっちを食う、それそれそれそれ、踊り食い。
手を振り、足振り、頭をぐるんとまわしてまわして、
たけしのサンバ、たけしのリズムで踊り食い。
周りに人が集まってくる。
たけしを見ている、こんなにも、上手に女を食うたけしを、
崇め立てるものがでてくる。
権力に屈するな、たけしが先頭に立って、我らを率いてくれるはず。
サブリーダーが叫んだかと思えば、サブサブリーダーは計画を練っている。
たけしはかまわず食っている。
女は半分になってけたけた笑い出す。
骨の部分が震えている。
女の骨の部分の芯が赤くて、まるで薄荷飴のようだ。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/3955-ac3369be

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。