FC2ブログ

Entries

りんご畑でつかまえて

食卓に並ぶ無数の料理を平らげて、簡単に用意して僕たちは、外へ出て「晴れてるし外で記念に写真とろう」と言い出した彼女の言葉を受けて、皆が、やれやれ、と外に集まって来る。彼女のこれからが、僕によって幸せになるのならそのほかに何もいらないし、僕はそのために生まれてきたんだとさえ思う。そうだろう?

「あのへんいちめんりんご畑だったんよ」「ほんとぉ食べたかったなあ」「庭中ずうっとりんご畑だったんよ」「へえ」

出てきたての太陽が彼女の頬を照らす。
玄関先に集まって、義母がシャッターを押す。おばあちゃんが何かつぶやいている。あるいはおばあちゃんには林檎畑が見えているのかもしれない。それはとても素敵な事だし、とてもうらやましいと、その時僕は思っていた。
そんなことを、もちろん彼女の事も、色々と考えていたんだだから、僕がちゃんとカメラのほうを見ていないのは、そういう理由だから、どうか怒らないで笑っていて欲しいんだ。ね?
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/433-0cbea0ba

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR