FC2ブログ

Entries

煮大根に微笑を

鍋の底の方にある大根は十分出汁を吸っていてはちきれんばかり、綺麗な琥珀色をしていた。私はそれを、箸で半分に切って、それからもう半分に切って、一口で食べるにはまだ大きいぐらいだけど、一気に掴み口に放り込む。熱すぎて、ほわほわ言いながら、ゆっくり噛んで、染み出す出汁で、口の中をやけどしてしまいそうになりながら飲み込む。むしろ、むしろやけどしたほうがより美味しく感じるぐらいだ。危険を冒して煮大根を欲望と言う名の胃袋へ放り込む、怪しい快感が、私を駆け巡る頃、剛史は湯に沈んでいる。深々と沈んでいるのだ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/445-7c2ed37c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR