FC2ブログ

Entries

悪魔が語るユリネの記憶2

ちょっと前に言ったように僕等は幸せだったし、ユリネのことを考えない日はなかったし、これからもずっと二人で暮らしていくのだと、その気持ちはゆるぎなかった。確実に。

そんな時、悪魔はやってきた。
それが悪魔であると、今なら分かるけど、そのときは何も分からずただ、得体の知れない何かがやってきたとしか思わなかった。でも怖くはなかった。ユリネに出会ったときのほうが怖かったぐらいだ。ほら、今の君もそうだろう?
悪魔は僕に話しかけなかったし、僕は話ができるなんて思ってもみなかったし、ただ、いつもと違う部屋の空気を感じていて、とにかくなんというかどうしていいのか分からなかった。それが今の君と少し違うところだろうか。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/449-6f5ba8a3

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR