FC2ブログ

Entries

コスモス

悲しい歌が流れる街に夕暮れ。沈む君の後ろ

うたをふたりで作った公園
ゆれるコスモス坂道のぼった
星座の土手に寝転ぶふたりきり
君の言葉で答えておくれ

ほんの些細な出来事でぼくらは
ずぅっと遠く離れてしまった
力なく声途絶えてふたりきり
君の笑顔はぼやけたままで
それから、君は新しい生活始めて
僕を忘れてしまう

ゆれるコスモス坂道途中
何度も後ろ振り返った
悲しい歌があふれる街並みに
夕暮れ
沈む君の後ろ
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/451-f8d2d406

トラックバック

コメント

[C197] Unknown

そんな贅沢な情景を思い浮かべてくれたら、この詩も本望ですよ。

ありがとうござる。うれしいです。

けっこう前に(4、5年前)書いた詩ですの。
感情を剥き出しにして書いたつもりだったんですけど、
そういえば、何もいってませんね。

そんな技法を使っていたなんて、
発見してくれてありがとうございますね?。
  • 2007-05-04 20:58
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C198] Unknown

西の空はまだ、橙色を残しているが頭上はもう藍色の中に星が見え出している、そんな情景が浮かびます。
「悲しい」のは流れる歌だけで、感情の吐露は他にありません。それがかえって哀しいイメージを表出していますね。いい意味でとても日本人的な抒情詩だと思います。

「星座の土手に寝転ぶふたりきり」

これ好きですね。この一行だけ取り出すと、字足らずですがとてもいい句になると思います。
  • 2007-05-03 10:06
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR