FC2ブログ

Entries

山田和尚のひと時の沈黙

和尚だからといって一人称を、わし、とは言わない。俺和尚。夢破れ、家継いで、早10年過ぎ。俺毎日、村中、法話を話して駆ける。違う俺決してただの和尚には成り下がらん。目の前にある遺影。本日、読経する相手。ずいぶん変わったが、俺はすぐわかった、幼い俺が好きだった相手、給食のおばちゃん。おばちゃんというから当時40ぐらいの歳かというとそうでなく、彼女は、学校のどの先生より若くて、でも俺たちは、給食のおばちゃん、と呼ぶしかほかに呼びようがなかった知らなかった不器用すぎた。だから、いつまでたっても彼女は給食のおばちゃん、だ。白黒の給食のおばちゃんは、こぼれるように笑ってて、その笑顔はあの頃と何も変わらなくて、読経の途中、俺は言葉に詰まる。言葉を失くす。給食のおばちゃんがぼやける。沈黙で騒ぎ出す、親族、外野は黙っとれ。深呼吸。では君に、祈りとともにこの歌を捧げよう。聞いてください南無妙法蓮華経。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/5-e15c8232

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR