FC2ブログ

Entries

7月7日雨


サッカーゴールに括りつけられた竹の葉につけられたいくつかの願いが濡れて、泥色の水たまりの中にハラハラと舞い落ちる。昼過ぎからずっと、そうなるであろうと私たちは人事のように話していたし、予想通りに雨が降り出しても、特に何も感じなかったけれど、いざ、はらはらと落ちていくのを見ていると、どうしてか取り返しのつかないことをしたかのようなそんな気がして居たたまれない。落ちた短冊はやってきた誰かに踏まれ八つ裂きになる。私はそっと拾い集めて、ぎゅうと丸めてゴミ箱に投げた。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/553-60055f81

トラックバック

コメント

[C230] Unknown

それは素敵な風習ですね。
そうやって、希望とか、絶望さえも風に乗ったらええねん。
誰かに届けばええねん。


まだ梅雨の最中でしたか。
こちらは梅雨もあけ、張り切りすぎなぐらい晴れ渡っています。
暑い暑い。
  • 2007-07-27 20:38
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C231] 風にのせて

チベットだかネパールだかわすれましたが、山岳の岩と岩の間に綱を張って、経文を書いた布を何百枚と括りつけるわけです。そうすると経文が風に乗って世界の果てまで行きわたるのだとか。

七夕の短冊っていうのは、願い事を風に乗せて神様のところへ届けようということなのかも、と考えたことがあります。

それにしても長梅雨は、無粋ですねえ。
  • 2007-07-26 22:42
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR