FC2ブログ

Entries

さよならストレンジャー/さよならストレンジャー


今聞くと、佐久間正英さんのプロデュースによるくるりファーストアルバムはロックバンドの域を超えていく兆しというか、空気を持っている。
ジャケットの自信たっぷりという感じの3人の微笑が、素朴でとても不気味。

怖いものばかりで、それでもなんとかロックで持って僕等は自分を守っているのです、とでもいう。
そんな記念碑的アルバムと同タイトルの「さよならストレンジャー」

ずっとメロウで、派手さもない、なりふりかまわず、着飾ることもなく、ありのままを歌う無防備さに、わたしたちは惹かれるのでしょう。

感情を描かない詩は、だからよけいに胸がきゅんとなる切なさを高めてくれた。

「歩くのも喋るのもどんどん遅くなってく」
「紫陽花に同情を流し込む」

なぜかこのふたつのフレーズが印象に残ります。
時々頭の中に流れる歌のひとつなんですが(さすがに最近はあまり流れない)、その時にこのふたつのフレーズが流れます。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/592-2f658544

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR