FC2ブログ

Entries

笑顔だって涙だって流せるし

(恋に恋焦がれ倉敷編11)





邪悪な少年である。
撒いているのは人魚の生き肉、ついばみに来る邪悪な鯉のために、少年は決まってこの時間撒きに来る。
ふんわりと投げて、すんと沈む前に鯉の腹の中へ。

光反射してまぶしい。まぶしいけれどもそれはどうしようもなくて、わたしは邪悪な少年のオーラを出来るだけ浴びないようにビームシーベルを作り出し、それを防いでみる。ああ、目を見てはいけない、その目を見たら、その目を見たら、恋しちゃうから。




スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/680-d4217234

トラックバック

コメント

[C276] Unknown

上から写真を撮っている怪しいやつやと思ったんでしょう。
餌を惜しげもなく大胆に鯉にばら撒いていました。
なにか?悪い?って感じでした。

線は電線ですね。確か。
でも、美観を主張するなら埋めてるはずですよね、
いや電線やったな、禍々しさはそういう住民のオーラのせいでしょう。

それが少年の目をするどくさせたのでしょう。
  • 2007-10-15 20:38
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C277] 目ぢから

この子、目に力がありますね。なゆらさんをインスパイアさせる何かを確かに感じます。

それから下の写真。

枝か電線? 空を切り取る幾何学的な線分に、言い知れぬ禍々しさを感じます。
  • 2007-10-14 20:25
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR