FC2ブログ

Entries

土手の風を縫うように

黄金色に見えたのは、沈みかけた太陽が、川とその周辺にある遠く向うまで染めていたから。どうしてかきらきら輝いて見えた。自転車で、ゆっくりと私は強い風を受けてよたよた。真っ直ぐ続く土手の上を進んだ。向うから、同じように自転車でおじいちゃんが近づいてくる。私は、だいたい毎日出会っている人だから、会釈して、やり過ごす。それから、やはりいつも出会っている犬とそれを引いているにいちゃんを追い抜かす。犬は私に気付くと、思い切り綱を引き、飛びつこうとするので、飼い主のにいちゃんは私が後ろからやってくるのにきづくと、道の端のほうに避けてくれる。そして、綱を短く持って、犬を制する。ぐんぐんとスピード上げる、と一瞬、流れていく風景の中に、取り残されているのは私のほうなのではないかという錯覚に陥る。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/688-51d7feb4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR