FC2ブログ

Entries

雨よ

朝から雨がふっていました。

天気予想ではうるさい位に降る降る言っていたから、見事的中したというわけだ。おめでとう、素直にほめてあげるよ、と私は起き上がった。
しなければならないことがいくつかあるはずだ。

私はぼやっとする頭でそのしなければならないいつくかのことを指折り数えてみた。4つまで数えられたけど、それ以上は起き抜けのけだるさの中で考えることは不可能だった。
いや確実にあと5つぐらいはある。

隣に眠っているあなたを見ました。
腋毛を惜しみなく露にして、ぐおんと唸った。いびきか、唸りか一瞬判断がつかなかったけれど、確実に眠っているからこれは鼾なんだと思った。
私は掛け布団をあなたにかけてあげたそして、熱いお茶を飲もうと思った。
そうしたら後3つほど思い出せるんじゃないかという淡い期待を抱いていた。

そう思って近づくとあなたの性器が見えました。
それは借りてきた猫みたいにちょんと畏まっているように見えました。
それで、ひとつ思い出したわけです。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/751-d74e3bb4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR