FC2ブログ

Entries

昭和49年/上半期/直木賞

(藤本義一作/鬼の詩/一行目は)

―ほんの一刻、明治の末に、大阪の寄席で、桂馬喬の芸は居並ぶ大家の落語よりも人気を集めた。―


でてくるたびに飴ちゃんがばら撒かれるのだ。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/767-f634b5c7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR