FC2ブログ

Entries

バタフライ・ガール

青い青い観覧車乗り過ごしてしまう僕は

3度目思い出ワツル鳴り出すステップなんも知らん
コンビニエンスストアの前で手を振りくるくるり3回転半

ビーサン履いて駆け出しては途方に暮れる
背面跳びで世界を越えて

青い青い観覧車乗り過ごしてしまう僕は

6度目思い出ワルツ鳴り出すスタッフなんも知らん
コンビニエンスストアの前で手を振りくるくるり3回転
変わり出す

青い(言葉もなく)青い(汗にまみれ)観覧車(気付いたら縒り戻り)

ビーサン履いて駆け出しては途方に暮れる
背面跳びで世界を越えていくんです
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/810-fa6ec039

トラックバック

コメント

[C333] ゆーめー

宮沢賢治さんの名作、よだかの星、を思わせますね。
ぐんぐん気持ちよさそうな夢ですね。
ピンク色の砂漠と空の青、鮮やか。

夢はいろいろ暗示してくれると聞きましたからどうにか憶えようと試みているんですけどなかなか忘れちまって。
コントロールしたいものですねえ。ぐんぐん上昇したいなあ。

背面跳びっていい響きなんで、それがいいたいために詩を書いたのです。
  • 2008-02-11 22:43
  • なゆら
  • URL
  • 編集

[C334] 夢の記憶

ひとつの夢を覚えています。

ピンク色の砂漠を低く飛んでいます。砂丘に反射する光に眼をやられて、砂漠はそう見えます。
グライダーに乗っているようでもあり、自分で飛んでいるようでもあります。音がしません。壁のような砂丘をひとつ越えるとそこに空が広がっています。青い青い空です。
その青い色に染まりたくて上昇しようとします。でも力尽きて視界が転回し、気がつくとまたピンク色の砂丘の上を飛んでいます。やがて目が覚めます。

>青い青い観覧車乗り過ごしてしまう僕は
>ビーサン履いて駆け出しては途方に暮れる
背面跳びで世界を越えて

空回りと無力感とそれでも飽くなき「憧憬」の記憶を思い出させる一篇です。

  • 2008-02-10 23:40
  • 三四郎
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR