FC2ブログ

Entries

坂道/ファンデリア


その付近、左右を木に被われたとても沖縄らしい道があるということで、歩いて向かいました。沖縄の人たちの普通の暮らしがそこにありました。この緑のトンネルを抜けたらそこは、豚足の国でした。振り向いたら最後、魔女の魔法にかかってしまって、一生帰れなくなってしまいそう。姿は見えないが鳥が鳴いている。猫が逃げていく。犬が吠える。当たり前に生活する日常を、ふいに思い出した。あの坂道は海へと続く坂道。遠い空の下君は待っているのだろう。大丈夫大丈夫とぼやけた太陽。とか鼻歌口ずさみながら海にでる。船がずっと遠くで、長い汽笛を鳴らしました。

ゆっくりと、刻むリズムに全然大丈夫、まだ帰ってこないからおばさんは。
だからもう少し、縁側で、潮の匂いいっしょにかいでようね、って言った。

焦る必要ない、もう少し待っていよう。

東京や虹やモノノケ姫や、そんなくすんだ色の(その色こそ味ですが)初期の名曲の中にあって、決して忘れちゃいけない大切な一曲です。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/823-605c2816

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR