FC2ブログ

Entries

その6(台風レポーター編)

「その6(台風レポーター編)」

では現場より中継お願いします、というアナウンサーの言葉をきっかけに画面は暴風が吹き荒れそれに雨が混ざり荒れ狂う海のそば、波高く、コンクリートを飲み込もうとしている。イアホンをつけマイクを持ったマグロが強い風にあおられ上体をまっすぐ保てないでいる。マグロは苦痛の表情でそれでも置かれた状況を伝えようと必死になっているように見える。スタジオからの音が途切れ、暴風にもだえ打つマグロの姿だけが淡々と流れている。映像が乱れてノイズ、砂嵐の後、映ったのはマグロがでかい波に飲み込まれていく様子。かすかに見えたマグロの口元は微笑んでいるように見えた。
マグロが海に入ると、神の怒りがおさまったように、風はやみ、波は落ち着き、太陽が現れた。人々は、マグロを救世主とあがめたて、海の良く見える丘にマグロの銅像を立てようと考えていた。単に台風の目に入っただけだったが、すぐに同じ状態に戻ってしまうのだが、マグロはそれによってその地方で永遠なる存在となった。人々はマグロを食べることを、60日間自制した。当初は永遠に止めよう、と話していたが、マグロなしでは我慢ならず、10年、5年、3年8ヶ月、1年、話し合いのたびに短くなって、ちょうど60日たった寄り合いの最中、むさぼるように食った。結果的に60日自制したことになった。だってマグロ美味しいもん。それでよいのである。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/850-8be4bc2c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR