FC2ブログ

Entries

「その12(3年B組編)」

「その12(3年B組編)」


土手。
らくだ中学に登校する生徒で渋滞している。自転車、徒歩、女子、男子、先生も生徒も混じり、それぞれおしゃべりで賑わいを見せる、まるでシンジュクのようであった。
そこに、長い髪をかき上げマグロが歩いてくる。土手にのぼり、空を見上げた。すぐに切れてしまいそうな飛行機雲が残っていた。
ふいにマグロは「3年B組?!」というプラカードを掲げた。すると、歩いていた生徒は「しゃちせんせー!」と叫んで押し寄せる、マグロを中心に波が四方から押し寄せてきた。
マグロはとぎきりの笑顔であった。自分を慕ってくれる生徒の多さに満足していた。
もういつ刺身にされてもかまわない、と感じた。
本能かもしれない。押し寄せる波に逆らわずに入り込んで、するすると泳ぎ、マグロはある生徒の、姓は西田、名は雛菊、の中に入り込み、マグロはその生徒、姓は西田、名は雛菊そのものになって、気づけばしゃちせんせーと叫ぶひとりであった。
雛菊は、大変現代的な風貌の14歳の女子であった。
マグロはとたんに漠然と不安になり、ひな、と呼ばれてもそれが自分だと気づかずにいた。何度も呼ばれ続けてから自分のことだと気づき、振り返ると、ある生徒が笑っていた。姓は中村、名はサイクルというやはり現代的な風貌の男子であった。ふたりは恋人らしかった。今は雛菊であるマグロは深いため息をつき、サイクルはそれを気にせずに手をとってマグロの唇を奪った。喧騒に紛れての行為だった。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://nayura06.blog27.fc2.com/tb.php/921-4d66215b

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

なゆら06

Author:なゆら06
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR